LabVIEWとの出会い2

(続き)当時はまだインターネットというのは一般社会からは少し遠い時代でして、やっと社内にAppletalkやEthernet(10Base2/T)が導入開始されたような時代です。メールは私の上司であった方がTwicsでメールをアナログモデムでアメリカの大学とやり取りしていたのを見たのが最初だったと記憶しています。

こんな時代ですので求めていた計測プログラムの情報は、現在のように手軽には入手できず、まだ紙媒体のEDNやIDN、展示会などを毎月のようにチェックしている中でLabVIEWの広告と出会ったように思います。その後はデモ版を入手し、HE VEEと比較を行ってみたんですが・・当時のLabVIEW(3.5 or 4?)はMac版でカルチャーショックを受けました。「これしかない!」という確信を持ち、稟議を書き・・と独断で導入を行主導してしまいました(T課長済みません)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です