LabVIEWとの出会い1

LabVIEWという開発環境を使い始めて25年位経ったでしょうか。最初導入した当初はある風洞試験施設で作業しておりまして、この施設の計測制御用に導入されていたのはHP VEEという(今でいうところの)LabVIEWライクなグラフィカルプログラミング環境でした。

この当時のシステムは制御用のOSがOS2、 HP VEEが動作していたPCはWindows95、測定器はHP 3852A(GP-IB)というしめて2000万というものでした。導入初期はシステムハウスが製作したHP VEEのプログラムを利用していたのですが「遅い、重い、使いにくい(個人的感想です)」システムで他に代替えはないかと常々考えておりました。また測定器の3852AもGP-IB経由での通信制御計測であったことも遅さの一因であったようにも思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です